プロジェクト > SIDB - 名古屋大学同時通訳データベース

SIDB - 名古屋大学同時通訳データベース

公開URL

http://sidb.el.itc.nagoya-u.ac.jp/

概要

1999 年度から2003 年度までの5 年間にわたり同時通訳コーパスを構築してきた。全体で約182 時間の音声を収録し,音声の文字化,視覚化,および,言語分析を完了している。文字化データのサイズは単語数(形態素数)にして約100 万語に達する世界最大規模の同時通訳コーパスである。日常に関する独話(講演)や旅行における対話などを収録している英語と日本語双方向のコーパスである。

関連論文

1. データベースの構築

 

2. コーパスの分析

 

3. システムの開発

 

4. コーパスの利用